コーヒーを読みます
早起き完全マスタープログラム

早起き習慣化は
人生変革への最短ルート

伊藤さん.JPG

伊藤 良

習慣化難易度ナンバーワンの早起き。挫折率がもっとも高い習慣の1つです。だからこそ必要なのはプロのサポートと仲間たちのエネルギー。もう二度寝しない。そんなライフスタイルをご一緒につくっていきましょう。

プロフィール

 

早起きコンサルタント。ずっと実現できなかった早起き習慣化に悩んでいた10年前。習慣化コンサルタント古川武士氏のセミナーに参加した際に早起きのアドバイスを受けてから4時起きを実現。時間の使い方が大きく変わり、そこから人生の好循環がはじまる。会社でのトップセールス実現を皮切りに、1000時間のコーチングで国際コーチ連盟の資格取得、まったく運動習慣がなかったところからフルマラソンを完走、25メートル泳げなかったカナヅチからトライアスロン完走など。2900日以上、毎日更新しているブログ「良習慣の力!」から出版も実現する

<実績など>
・早起き習慣化セミナー30回以上開催
・個人向け早起き習慣化コーチング実績多数
・「習慣化の学校」第1期・第2期修了
・「習慣化の学校」第3期〜第7期サポートコンサルタント
<資格など>
・国際コーチ連盟 アソシエイト認定コーチ
・GCS認定プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」

先着順につき早めのお申し込みをおすすめします。

サービス概要

■集合プログラム(2週間に1回・全6回)
・映像セミナー(古川さん)
・フォローセミナー(伊藤)
・読書会(課題本:「早起き」の技術)
・グループコンサルティング


■オンラインサポート
・「習慣化オンラインサロン」朝活参加
・専用Facebookグループ参加権
・Facebook投稿へのフィードバック
・1ヶ月に1回30分の個別コーチング


■集合プログラム日程と内容

【前半テーマ:早起き習慣化】

 

●1回目:2021年10月10日(日)午前9時00分〜午前12時00分
[テーマ]キックオフ&「早起きの技術」セミナー(前半)
講師:古川武士さん(※映像セミナーとなります)
・メンバー自己紹介
・早起きの原理原則を学ぶ
・早起き習慣化における2つの最重要ポイント
・早起き習慣化チェックリスト(ワーク)
・早起きのゴールを明確にする(ワーク)
・「理想の1日」をデザインする(ワーク)
・課題


●2回目:2021年10月24日(日)午前9時30分〜午前12時00分
[テーマ]「早起きの技術」セミナー(後半)
講師:古川武士さん(※映像セミナーとなります)
・理想の1日をデザインする3つのポイント
・早起き習慣化を実現するメソッド
・理想と現実のギャップをうめるセルフコーチングの方法(ワーク)
・早起きの障害と対策を考える(ワーク)
・早起きのフューチャーペーシング(ワーク)
・課題


●3回目:2021年11月7日(日)午前7時30分〜午前10時00分
[テーマ]『「早起き」の技術』読書会&グループコンサルティング
・目的を持って本を読む方法
・著者に質問する読書とは?
・対話で気づきを深める時間
・グループコンサルティング
・課題


 

【後半テーマ:高密度仕事術(R)】
 

●4回目:2021年11月21日(日)午前9時30分〜午前12時00分
[テーマ]「高密度仕事術(R)」セミナー(前半)
講師:古川武士さん(※映像セミナーとなります)
・高密度仕事術とは?
・早起き習慣化に高密度仕事術が必要な理由
・高密度仕事術3つの原則
・課題


●5回目:2021年12月5日(日)午前9時30分〜午前12時00分
[テーマ]「高密度仕事術」セミナー(後半)&グループコンサルティング
講師:古川武士さん(※映像セミナーとなります)
・高密度仕事術を実現する5つのメソッド
・なぜ高密度仕事術には時間簿が欠かせないのか
・グループコンサルティング
・課題


●6回目:2021年12月19日(日)午前9時30分〜午前12時00分
[テーマ]「究極のタイムマネジメント」セミナー 講師:伊藤良
・38の価値観からあなたの大切な価値観を探る(ワーク)
・価値観と感情をつなげるタイムマネジメント
・今日の行動と未来の幸福に一貫性を持たせる方法
・終了プレゼンタイム



【お知らせ】

ブログの「早起き習慣化」カテゴリーにて「早起き完全マスタープログラム」に関する記事を書いております。
受講イメージや受講メンバーの進化を詳しく知りたい方におすすめです。

https://www.ryoushuukan.com/category/early-bird/

体験者の声

1年前とは別人に。5時台早起きが定着し1日の好循環をつくれています。

Q1:早起き習慣化を始める前はどのような状態でしたか?
それまでにも早起きに挑戦していたことはあったのですが、挫折してしまっていました。短期的に早起きが続くこともあったのですが、イレギュラーが発生すると崩れてしまう状態です。一度悪い流れができてしまうと、そのままズルズルと二度寝する生活に戻ってしまっていて、そこに課題を感じていました。


Q2:現在の早起き習慣化はどのような状態ですか?
ほぼ毎日のように「習慣化オンラインサロン」朝活5時30分の部に参加できています。光が先に照らされて後に音がなるタイプの目覚しを使っておりますが、音がなった瞬間に目が覚めます(前はしばらくなりっぱなしということが多かったです)。毎日同じ時間に起きることで、起床時間が不規則だったときよりも起きるつらさをそれほど感じなくなりました(睡眠時間が短くても起きることはできる)。5時台の早起きが定着している実感があります。朝活の時間で重要な活動にも着手できており、まさに朝活から1日の好循環をスタートさせている状態をつくることができています。


Q3:「朝活」のおすすめポイントを教えていただけますか?
朝起きてすぐに参加できる場があるというのがいいですね。自分ひとりだけは挫折してしまったかもしれませんが、ほかのサロンメンバーの方がいると思うと、とりあえずはZoomをつなごうと思ってベッドから出ることができます。自分でも1年前とは別人になった感じがしており、現状が信じられない状況です(笑)

 

(Y.Mさん・男性・士業)


早起きで日記を100日連続達成。早起きでいろんな習慣が身につきました。

Q1:早起き習慣化を始める前はどのような状態でしたか?
以前は早起き生活に憧れつつも、なんとなく流れにのれない感じでした。仕事のストレスもあって、つい夜ふかししてしまうことも多かったです。そんな状態だったので早寝ができないことも悩みでした。


Q2:現在の早起き習慣化はどのような状態ですか?
今はだいたい毎朝5時台に起床できるようになっていて、休みの日も自然に目が覚めます。
早起きができると朝からコミュニケーションもとれますし、充電を感じています。朝活の集中タイムを活用して日記を書くことが習慣になり、今は100日連続を超えました。「早起きができればいろんなことが習慣化できるようになるな」と実感しています。

 

Q3:「朝活」参加のおすすめポイントを教えていただけますか?
私にとっては朝活の開始時間が決まっているのが大きなメリットでした。「この時間までに起きる」という明確なターゲットがあることがポイントです。朝活に参加することで「ほかの人のためにも起きよう」という積極性や主体性も身についてきています。


(Tさん・女性・会社員)

家庭、仕事、自己研鑽、運動。朝から重要なことに取り組め充実感があり成長を実感します。

Q1:早起き習慣化を始める前はどのような状態でしたか?

会社の仕事が多忙で遅寝になっていて、早起きはほとんどできていない状態でした。そのため、会社と自宅との往復になってしまっている毎日に。自分の人生を考えたときに「このままではいけない」と感じていました。「何かを変えなければ」と思ったときに考えたのが、今の生活に変化を起こすことでした。そこで、まずは早起きの習慣化で自分を変えようと思いました。

 

Q2:現在の早起き習慣化はどのような状態ですか?

今ではほぼ毎日、5時台に起きられるようになっています。朝活に参加することで朝から重要なことに取り組むことができるので、いわゆる「第2領域」の大事さを強く実感しているところですね。早起きのおかげで複業も軌道に乗ってきているので、禁句にしている「忙しい」という言葉が思わず出てしまうくらいに(笑)充実しています。

 

Q3:「朝活」参加のおすすめポイントを教えていただけますか?

早起きする生活になって、大切な家族とゆっくり朝食を食べられる時間に豊かさを味わえています。休日には朝時間にランニングできるようにもなりました。朝5時半からコーチングセッションを行い、6時からの朝活でじっくりモーニングルーティンに取り組んでもまだ7時。会社に行く前に大切なことが終わっているという充実感は、確実に自分を成長させてくれると感じています!

 

(A.Yさん・男性・サポート業)

習慣化3ヶ月集中プロジェクト

一般価格 49,500

会員価格 33,000

※習慣化オンラインサロンメンバー様は会員価格です。

特典:一般申込の場合は超実践型コミュニティ習慣化オンラインサロン3ヶ月(16,500円相当)付

期間:2021年10月~12月

​お支払い方法:PayPal(お申し込み後にメールで専用URLをご案内します

先着順につき早めのお申し込みをおすすめします。

※習慣化オンラインサロンメンバー様は「会員申込」からお申し込みください。

 

(C)習慣化コンサルティング Co.,Ltd. All Rights Reserved.