Copyright (C) 2017 習慣化コンサルティング Co.,Ltd. All Rights Reserved.

July 28, 2016

習慣化コンサルティングの古川です。


今日は、『If then planningで300%アップ』
をご紹介します。


モチベーション科学の分野に「条件をつけた計画(If then planning)」
があります。


ハーバードビジネスレビュー2015年2月号に
「個人に頼らず組織の目標を達成する方法」という
記事からいくつかピックアップしたいと思います。


人間の脳神経には「Xならば、Yを実行する」という命令に
反応するように出来ています。

もし、あなたが部下の立場ならどちらを実践...

July 28, 2016

習慣化コンサルティングの古川です。

今日は、『まず人事部で高密度化する』

をご紹介します。

高密度化のメソッドを実施する際に展開の仕方は

様々です。

1.高密度化が必要な残業の多い人を対象にする

2.上司部下、チームで参加する

3.やる気のある自発的なメンバーからスタートする

様々な展開の仕方がありますが、

人事部で高密度化を実施することを1つご提案します。

人事部内で高密度化を展開すると3つの効果があります。

1.説得力が高まる

往々にして研修は人事部は運営するだけ

となりがちです。

しかし、高密度化はどの部署も対象にな...

July 20, 2016

いつも大変お世話になっております。

習慣化コンサルティングの古川です。

ハーバードビジネスレビューの

2015年2月の記事に、

「希少な資源を有効活用する8つの方法 

組織の時間も予算管理せよ」

ベインアンドカンパニーパートナーの

マイケル・マンキンズ氏の記事に

次のような言葉があります。

____________________________

自社の資本を管理するために、

たいていの企業は入念な手続きを設定している。

新たな投資をするためには、

説得力のあるビジネスケース(投資価値を説明するための材料)

が必要だ。

投資...

July 20, 2016

習慣化コンサルティングの古川です。

行動変容3つのキーワードを

ご紹介したいと思います。

キーワード1.数字

私たちは数字を見せられると、感情論ではなく、

改善しなければいけないとスイッチが入ります。

たとえば、健康診断の結果を数値で見せられるのも、

体重を毎日数字で記録するのも、走った距離を数字で記録するのも

すべて次なるモチベーションに繋がります。

数字を見て具体的な焦点が定まると

脳が本来持っている目標達成機能が稼働し始めるのです。

私たちは数字を見ると改善しようとする。

だから数字を利用するのが行動変容の大きな...

July 13, 2016

いつも大変お世話になっております。

習慣化コンサルティングの古川です。

研修後の継続率を数字で取っている会社は少ないでしょう。

そこで、1つの指標をご紹介します。

ある大手メーカーの担当者が、1年間の研修事に受講生アンケートで

研修1週間後と3ヶ月後で実践状況をヒアリングした結果です。

1週間後:15%−20%

3ヶ月後: 3%− 5%

この数字をご覧になってどのように感じられますか?

受講生アンケートは、多少良いように回答している部分もあるでしょう。

その分を引いたとすると、一週間後:15%、3ヶ月後:3%で

捉え...

July 13, 2016

習慣化コンサルタントの古川です。

先日、ある企業の働き方改革を担当されている方から

次のような意見をいただきました。

「いやー、先生の言う高密度化のメソッドは分かりました。

時間簿をつけると確かに残業は減り、生産性は高まるでしょうね。」

「でも、うちの課題は本当にどうしようもないレベルで残業している

社員なのです。交通費の清算も期日過ぎても出さないし、週報も1ヶ月も

出さない。こんな人たちが時間簿を書くとは思えないのですが。」

「うちの会社では全体を上位20%、中間50%、下位20%に分けると、下位20%が問題...

July 6, 2016

習慣化コンサルタントの古川です。

研修後、行動するようにしたい

ここには2つの意味があると思います。

1つは、期限を決めた行動。

3週間後の職場でプレゼンを実施してもらう。

一時的な行動。

2つ目は、毎日のようにやり続ける行動。

毎朝、部下1名の話を10分聴く。

継続的な行動

後者を習慣化と呼びます。

私たちが求める行動、もしくは受講生が実践しようとしている

ことは「一時的な行動なのか?」、「継続的な行動なのか?」を

区別しておく必要があります。

なぜならば、対策が違うからです。

一時的な行動であれば、アクションプラン。

継...

July 5, 2016

習慣化コンサルタントの古川です。

高密度化の研修・コンサルティングを行なっていて

痛感するのは、つくづく残業を減らす、生産性を高めるには

心理学だということです。

タイムマネジメント研修を1日でやって、

あとは職場に戻って実践していることを祈る。

このスタイルだとそこまで痛感しないでしょう。

しかし、現場での実践フォローを一ヶ月半も行なう私たちは、

職場に戻ってからがスタートです。

実践できない要因が大量にあります。

・業務が忙しかった。

・上司がいなかった。

・現場で使うシーンがなかった。

・何をやればいいのか分からな...

Please reload

Featured Posts

会社のノウハウが形式知化される 3つのメリット

May 29, 2015

1/4
Please reload