HRカンファレンスの高密度仕事術の講演


習慣化コンサルタントの古川です。

今日は、先日講演してきた、HRカンファレンスの内容が記事になったので、

それを共有させていただきます。

残業を継続的に減らす「仕事の高密度仕事習慣」

http://hr-conference.jp/report/r201511/report.php?sid=640

現在は長時間労働(残業)を放置しておくと、ブラック企業と言われる時代。

しかし、退社時間だけを強制するだけでは、社員の不満が増える一方である。

仮に強制力で一時的に削減できても、継続的な改善は見込めない。

古川氏の提唱する「仕事の高密度化習慣プログラム」は、上からの強制力ではなく、社員が自律的に単位時間当たりの生産性を高め続けたくなる習慣化メソッド。今回は、残業削減のために不可欠な仕事の高密度化に関する原則・習慣・ツールなどを体験するワークショップが行われた。

なぜ、「高密度化仕事術」が必要なのか?

現に時短を理由に仕事を断る人が出てきたと人事の方は悩んでいます。しかし、本質的には単位時間当たりの生産性を高め、短い時間でより多くの成果を出せるようにならなければいけません」 「高密度化」とは、「単位時間当たりの生産性を極限まで高める仕事の習慣のこと」。

古川氏は、高密度化が必要となる三つの要因を、以下のように説明した。

続きはこちら

http://hr-conference.jp/report/r201511/report.php?sid=640


Featured Posts
Recent Posts