社員のほぼ全員が定時前に帰る会社の工夫3

習慣化コンサルタントの古川です。

今日も株式会社ランクアップさんの高密度化の工夫3を見てみましょう。

工夫3.会議は短く、準備もしない

岩崎社長は、次のように語っています。

______________________________

「定時が早まったのと同時に、どんな会議でも「30分」で

終わらせるルールを設けました。

時間内に結論が出なければ、強制終了。

未決案件は、少人数のコアメンバーだけで再度議論。」

______________________________

解説

私が高密度化を会社でグループセッションをしていると

必ず不満の1つで出てくるのか、この会議の時間。

2時間付き合わされると、絶対に帰る時間を守れないと

諦めムードになるのです。

会議は100%自分でコントロールが効かない分、

高密度化を進める上でブレーキになります。

これは部門事や会社単位でのルール化・仕組み化が

最も、効果を発揮します。

ルールで言えば、30分で終了とか、60分以上は会議室が予約できない

ようにするという取り組みをしている会社もあります。

また、進行者のファシリテーション技術や

会議のスタート段階での決まり(議題とゴール、流れを確認)を

整備することも重要です。

ある大手の外資系企業では、会議が終わったら参加者から

進行者のファシリテーションに対するフィードバックが行なわれます。

(紙で五段階評価とコメントで)

このような仕組みが会議を短時間化していきます。

会議の改善は全社で展開して、もっとも社員から支持を集められるものの1つです。


Featured Posts
Recent Posts