柳井正さんの仕事の高密度化

習慣化コンサルタントの古川です。 経営者の中でもストイックな柳井正さん。 どのような働き方をされているのでしょうか? まさに、高密度化なのです。 仕事を切り上げるのは午後4時。 6時ぐらいで変えるのは普通と答えています。 _______________________ 楠木氏:きっちり午後4時にお帰りになりますね。 柳井氏:九段下に本社があった数年前は6時か7時ぐらいに社を     出ていたので、4時に帰るようになったのは、六本木ミッドタウンに移ってからです。     6時ぐらいに帰るなら、まあ普通です。 楠木氏:ご自宅では、どんなふうに過ごしてらっしゃいますか。 柳井氏:会社関係のメールを見たり、本を読んだり、テレビを見たり。 楠木氏:テレビもご覧になるのですね。それはごランクとしてですか?     それとも、何かの参考になるからですか? 柳井氏:時間つぶしですよ(笑)     僕ぐらいの年齢で仕事に本当に集中していたら、オンタイムに全エネルギーを     使い果たしますから、家に帰る頃にはぐったりしています。     テレビを眺めるぐらいしかできないほどにね。     逆に、夜もぐったりしないというのは、仕事に集中していないからですよ。 (THINK!2013年No44のインタビューより) _______________________ 帰る時間が早いのは、高密度化をするために、 必要条件です。 というより、長時間労働が出来ないほど、 単位時間当たりに集中度が高いのです。 柳井さんのように、もう抜け殻のようになって テレビしか見れないという。。。 これぐらいに高密度は疲れますが、 この高密度化をしないと、いつまでも低生産性で長時間労働から抜けられません。 「時間と密度が勝負」と柳井さんも仰っていますが、 常に改善と挑戦を続ける姿勢が重要です。


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square