全社でメールを減らす施策

習慣化コンサルタントの古川です。

自動車部品メーカー、B社では、全社のメールを大幅削減することに

成功しています。

18時以降は社内メールが飛び交うことが無い。

ここまで実現できたのです。

私たちの仕事でタイムヴァンパイア(時間の吸血鬼)はまさにメール。

一日大量のメールが飛び交い、ccでメールが大量に入る。

メールの厄介なところは100%自分でコントロールできないところです。

上司からメールが来れば無視する訳には行けません。

チームメンバーからお礼のメールが来たら返信する。

問題はどうでもいい、メールを扱っていたら、丁寧に返信作業をしていたら

絶対に、絶対に、時間はいくらあってもたりません。

まさにメールはタイムヴァンパイア。

自己規律が重要です。

さて、今日は全社施策の話なので、先にお話を進めると、

結論から言えば、社内のoutlookのログイン、ログアウトを管理することで

減らしたのです。

この会社では、システム上で誰がメールを開いたか、全て分かるようになっています。

18時以降はメールを開いては行けない!

これがこの会社の方針です。もし違反をして開いたら、すぐに総務から上司に連絡が行く。

この厳しい管理がタイムヴァンパイアであるメールを規制することができた最大の要因です。


Featured Posts
Recent Posts