Copyright (C) 2017 習慣化コンサルティング Co.,Ltd. All Rights Reserved.

ドラッカーが強調する高密度化の肝

May 17, 2016

 

 

習慣化コンサルティングの古川です。

 

 

ピーター・F・ドラッカー「経営者の条件」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

より引用したいと思います。

 

 

1950年代に書かれた著書ですが、

本質は色褪せないものです。

 

_______________________

 

 

エグゼクティブが成果をあげるための第一歩は、

現実の時間の使い方を記録することである。

 

 

重要なことは、記録することである。

 

 

しかも記憶によってあとで記録するのではなく、

リアルタイムに刻々と記録することである。

 

 

継続して時間の記録をとり、

その結果を定期的にみていかなければならない。

 

 

時間の使い方は、練習によって改善できる。

 

 

しかし時間管理にたえず努力しないかぎり、

仕事に流されることになる。

 

したがって、記録の次にくる一歩は、時間の体系的な管理である。

 

 

時間を浪費する非生産的な活動を見つけ、

できるだけ排除していくことである。

 

 

_______________________

 

 

改めて時間簿が如何に重要か、痛切に感じさせられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

Featured Posts

会社のノウハウが形式知化される 3つのメリット

May 29, 2015

1/4
Please reload

Recent Posts

April 19, 2017

Please reload

Archive
Please reload