行動化戦略


習慣化コンサルティングの古川です。

研修後の継続ができないケースで

社員から言い訳として上がってくるのは

「時間がない」

です。

「時間がなかった」

は、実はそのまま信じては行けない言葉です。

なぜなら、これは表面的な言葉だからです。

本当の原因は、

○○をするには時間がなかった

という○○に隠されているからです。

具体的にどういうことか、解説します。

分かりやすい習慣化のポイントで言えば、

「部下とのコミュニケーションを増やす」

というアクションを作ったとします。

部下とのコミュニケーションという

アクションは行動化されていないため、

つかみどころがありません。

何となく、イメージがあっても行動するタイミングや

量や方法が決まってなければ、私たちの日常はいつも通りのパターンで

流れていってしまいます。

「何を」「どうする」のか?

「誰に」「どれぐらい」「いつ」やるのか?

脳が行動命令として受け取れるまで具体的なメッセージにして上げる必要があります。

たとえば、

部下1名と朝礼後10分、話をする

その際、

「現状の困っていることは?」

「今週の重点行動は何か?」

「サポートして欲しいことは何か?」

をメールで返信してもらって、それを元に10分机で話をする。

このように仕組みとして部下と約束してメールで纏まっていれば、

話をする時間を短くできますし、忘れずに実践できます。

大切なことはこのレベルで1回の研修30名が全員、考えることができる

セッションを行なうことです。

弊社では「行動化、習慣化セッション」という名称で90分の商品があります。

デモが必要であれば、営業担当者が伺います。


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square