魔法はない、カイゼンがあるだけ

習慣化コンサルティングの古川です。

時間の高密度化で、魔法の手法があるように

思われるかもしれませんが、一手一手はとても地味なものです。

・朝、30分メールを開かずに重要な提案書の構成をつくる

・メールの返信時間は1回30分、1日3回にする

・会議の1時間後に予定を入れることで強制的に終わるようにする

・上司への報告はポイント3つに纏めて話す

というようなカイゼンです。

しかし、カイゼンの複利効果とは恐ろしいもので、

3%のカイゼンを毎週やり続けると、生産性は34%も高まります。

私の高密度化のカイゼンをされたクライアントさんの残業事例が

次の内容です。2015年、10月〜12月で高密度化を実践した例です。

以前にもお見せしましたが、

休日出勤がなくなり、残業時間は半分以下に下がりました。

まさに、毎日の時間簿カイゼンの効果です。

ぜひ、小さなカイゼンを積み重ねる仕組みとノウハウとして

高密度化メソッドをお勧めします。


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square