社員の結果を再現する力をどう生み出すか?

習慣化コンサルティングの古川です。

突然ですが、

アクションプランと、習慣化プランは違います。

アクションプランは、期限のある行動プラン

習慣化プランは、繰り返す行動を習慣化するプラン

どちらも行動変容なのですが、

研修によって異なります。

明確に区別しなければ、習慣にすべきものをアクションプランしている

ケースが多いものです。

習慣化とは、結果ではなく、結果を再現する力を養うことです。

社員教育とは、OJTでは得られないスキルや知識、マインドの整理、

もしくはOJTの質を高めるためのインプットだと考えています。

結局、現場でどのように活用するか、

その一点から逆算して考えること。

活動場面から逆算して受講してもらう、

研修を設計することが重要です。

アクションプランは、期限があるので

チェックしやすいのですが、

習慣化プランは毎日のものなので、

チェックが難しい。

でもいずれも大切なことは、フィードバックと報告です。

報告とフィードバックが行動を促進してくれます。

それをどのように研修後の仕組みに取り入れるかを

試行錯誤して、5年かけて磨き上げる企業こそ、

先進的な教育ができる会社だと考えます。


Featured Posts
Recent Posts