早朝出勤のススメ

習慣化コンサルティングの古川です。

今日は、『早朝出勤のススメ』

をご紹介します。

先日、大手商社様から朝型出社の技術の

講演依頼をいただきました。

拙著「早起きの技術」

http://www.amazon.co.jp/dp/4479794905

をご覧いただき、共鳴いただいたそうです。

さて、高密度を進めていくと次のような課題が出てきます。

・集中できる静かな時間が夕方以降になる

・日中は突発が多すぎて自分の仕事ができない

・今日中にやることを終わらせないと帰れない

・朝はとても起きる自信がない。だから夜型になる

このような課題は、

全て早起きして早朝出社すれば片付きます。

早朝出社している人は、

・朝1時間、静かな時間で集中作業をしている

・プランを朝から立てる余裕があるので、日中の突発も柔軟にこなせる

・夜は雑用は切り上げて朝の自分に回すことができる。

・朝起きる自信があるので、生産性が低くなった夜は帰ることができる

高密度化を進めていくと1ヶ月もすると

「古川さん、結局早起きして1時間早くいくことに尽きるのですね」

と自らおっしゃいます。

その通りなのですが、

早朝出社は簡単ではありません。

生活習慣を切り替える必要があるからです。

詳しくは「早起きの技術」に譲りたいと思いますが、

社員の方々に、早起きを根性ではなく、技術で行なうことを

啓蒙して頂くことは非常に有効な施策だと思います。

今回も、最後までお読みいただきありがとうございました。


Featured Posts
Recent Posts