徐々に傾斜角度を高める4段階思考

習慣化コンサルティングの古川です。 行動変容の重要なコツは、 いきなり大きな変化をさせないことです。 どんなにいいことを学んだ!と実行を意気込んでも 結局、何もやっていないのは「深層心理の変化への抵抗」です。 とても自然なことです。 そこで、オススメするのは徐々に傾斜角度を高めていく というアプローチ。 たとえば、コーチングスキルを学んだとします。 いきなり、明日から部下に使ってみますと言っても、 日常業務で多くの変化球が飛んでくる中、実践するのは大変です。 そこで、4段階のステップを踏んでいくようにします。 1週間ごとに、実践の傾斜を高めていくのです。 コーチング研修後の4段階思考としては、 第1段階:部下全員の週報に承認のコメントを返す(承認スキル) 第2段階:若手社員Aくんに質問と傾聴スキルを使って面談する 第3段階:朝礼後、5分間自席で部下1名の話を聴く。(傾聴スキル) 第4段階:部下全員に目標・振り返り面談を行う このように4つの段階をつけると、 徐々に成長していくイメージがつかめるのではないでしょうか? ぜひ、参考になさってください。


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square