学び70:20:10の法則と高密度化

習慣化コンサルティングの古川です。

「70:20:10」の法則をご存知でしょうか?

米国のリーダーシップ研究の調査機関である

ロミンガー社が、

リーダーシップをうまく発揮できるようになった人たちを

対象に「何が結果に影響を与えたか?」と聞いた結果、

“70%:ojt 経験、20%:周囲からの学び、10%がoff-jt研修”

という結果であったそうです。

私が高密度化のコンサルティングと研修をやっての実感としても

これは肌感覚として正しいと思います。

高密度化という時間の技術を学ぶ際、

まず、インプットは重要です。

よって集合研修を行います。

しかし、学んでお終いになると効果がないのは

10%の影響度を見てもよくわかります。

大切なことは、

次にそれを実務で実践することです。

70%の影響力を与える実務での泥臭い実践。

我々は1ヶ月間というプロジェクト研修で

徹底的に実践していただきます。

悪戦苦闘、試行錯誤の末に、

見出したものこそ、本当の知恵と技術になると信じているからです。

また、時間については

周りのメンバーの実践知を共有することが大切です。

隣の席の先輩がどのような時間の使い方をしているか、

案外知らないものです。

研修では、実践知や工夫を共有することで、

「そんなやり方あるんだ!」「それはいい!」

という実践的なアドバイスがもらえます。

これは1ヶ月のプロジェクト型研修ならではの効果です。

上記でいえば、20%の周囲からの学びです。

当社の研修は、

70:20:10の法則に則った行動変容型研修になっています。

追伸

「2割に集中して結果を出す習慣術」(ディスカヴァー)

が先月発売されてすぐに2回増刷されました。

完璧主義と最善主義に絞って書いた書籍です。

どうぞ、働き方改革の社内施策のヒントになさってください。

http://amzn.asia/eTFAKiK


Featured Posts
Recent Posts