Copyright (C) 2017 習慣化コンサルティング Co.,Ltd. All Rights Reserved.

単なる時短ではなく、高密度化を!

単なる残業時間削減では、会社も個人も成長が止まります。

また仕事を断る風土が出来上がり、サービスの質、仕事の質が下がる危険があります。
大切なことは
成果を高めつつ、働く時間を短くする高密度化であると弊社は考えます。

働き方改革として、
次のような悩みをお持ちであれば、習慣化コンサルティングにお任せください。

「仕事の高密度化ソリューション」による改革が効果を発揮します。
※仕事の高密度化は弊社の登録商標です。

悩み

1.  一時的な研修ではなく、着実な定着、習慣化を目指したい
️2.  制度中心のコンサルティングではなく、現場主義の改革を進めたい
3️.  やらされ感一杯の社員を能動的な姿勢に変えて、改革を進めたい
️4.  3ヶ月で一定の成果を出す必要がある
️5.  自社独自の事情に合わせて提案してほしい

「習慣化コンサルティング」の強み

働き方改革の

ソリューション

「仕事の高密度化」

の手法が

体系化されている

一般の研修会社

異なり、1日限りの

解決ではなく

定着まで徹底支援

している

コンサルティング

会社と異なり、

トップダウンの

制度ではなく 現場の悲鳴を踏まえて

改革する

なぜ、習慣化が必要なのか

残業時間の削減は紛れもなく、働き方の習慣の結果だからです。

繁忙期であるか、閑散期であるかも影響しますが、

残業習慣の体質が身についている人は習慣を変えなければ、ずっと会社に残っています。

残業体質が蔓延している職場では、習慣を変えなければ全体の残業は削減できません。

結局、一時的な研修をやっても習慣が変わければ効果は出ません。

 

また、働き方改革は、トップダウンの制度・仕組みと社員一人一人の意識変革が

両輪となって初めて効果が出ます。

 

弊社は、習慣化に関する独自ノウハウと仕組みにより、働き方改革の習慣化を推進します。

 

弊社は、習慣化を通じて、「経営を変える、社員を変える」ことをモットーにしております。

高密度化ソリューション

1.少人数グループコンサルティング

全2回、1ヶ月

社員一人一人をマンツーマンでフォローする最も効果を発揮しやすいソリューションです。

1回6名を上限に弊社コンサルタントが、1ヶ月間、3回のコンサルティングと毎日メールフォロー を行います。

改革プロジェクトのスタ ートして、残業の体質や個々の社員の特性を知るためにまずはじめに取り組むケースが多いソリューションです。

大手情報システム会社

-システムエンジニア-

計5名

オープンコース(第1回)

-エンジニア・営業・事務-

計6名

オープンコース(第2回)

-経営幹部、営業、事務-

計6名

2.全社プロジェクト型研修

​全2回、2週間

3.高密度化の仕組み化コンサルティング

1回、20名の高密度化研修です。

インプットと現場実践を繰り返し、チームで改善を続ける仕組みをフォローします。

1日目に高密度化のインプット、2週 間の実践期間を踏まえて再度集合し、

他の人の実践知を共有し、高密度化を深めるワークショップ型コンサルティングを行います。

少人数のグループコンサルティングによる仕組み化が確立した上で全社プロジェクト型研修を実施 すると、波及効果が大きいです。

Day 1

仕事の高密度化ノウハウの学び

Day 2

実践知のフォローと改善コンサルティング

全2回、2週間

3.高密度化の仕組み化コンサルティング

社員一人一人の意識改革だけでは、残業削減、生産性向上の効果は限界を迎えます。 環境要因に着手しなければ、大幅な改革は実現しません。 日経新聞調査では、残業が減らない原因として次のようなものが挙げられています。

このような問題を解決するために、弊社が仕組み化コンサルティングを行います。

経営トップと現場のワーキンググループ・経営・人事部との協働プロジェクトで納得感のある改革を

進めます。

1.社員の変革意識・行動を引き出す

どのような改革も現場社員がやらされ感では 効果が出ません。

面従腹背の社員が増えるのは、ひとえにトップダウンの制度を押し付けるからに他なりません。

弊社は長らくB TO Cで習慣化のノウハウを積み重ねてきました。

会社都合の働き方改革ではなく、社員が自らの人生と働き方を変える意欲を引き出して、

改善・ 定着を図ることができます。 

1.社員の変革意識・行動を引き出す

2.行動変容と習慣化を実現できる

働き方改革に、一撃必殺の魔法はありません。

当たり前の改善を地道に積み重ね、習慣へと昇華するときに本質的は変化が生まれ続けます。

弊社がこだわることは、行動の変容です。

社員は研修だけでは翌日、忙殺される現場で実践はできません。

1日研修の1ヶ月後実践率はたったの3%です。

弊社は、1日研修での結果で終わらせず、行動変容と結果を指標に改善を積み重ねています 。

弊社は泥臭く現場での実践を研究しているため、習慣化までフォローできます。

3.代表の古川がプロジェクトを責任を持って統括する

弊社では同時に3社以上の変革プロジェクトには着手しておりません。

それは、代表の古川が、プロジェクトスタート前のヒアリングからプロジェクト全体の責任を

持って 統括するためです。

多くの会社では、プロジェクト毎に責任者は異なりますが、弊社では代表者の古川が行います。

それは、働き方改革の習慣化・定着には、暗黙知のさじ加減が重要だと考えているためです。

全ての会社様には時期によってお待ちいただくことをご了承いただいております。

『習慣化コンサルティング』が選ばれる理由