【行動変容型研修】人間の変わりたくない心理を設計の前提にする


習慣化コンサルタントの古川です。

行動変容型研修の設計の原則の1つは、

「人間の変わりたくない心理を前提に設計する!」ことです。

なぜ、続かないのか?

次のようなマップで習慣化を説明します。

習慣引力の法則とは、

私たちをいつも通りに引っ張る心の引力です。

引力1.新しい変化を拒絶する

だから、良い習慣が身に付かない

引力2.いつも通りを維持する

だから、悪い習慣が辞められない

私たちの深層心理は、次のような構造になっています。

氷山のように、意識レベルとその下に眠る無意識のレベルです。

無意識は、いつも通りを維持しようとします。

変化を排除し、安全・安心を追求することで生存を維持するためです。

その力は意識5vs無意識95と言えるぐらいの差があります。

だからこそ、最初に始めようと思ってもなかなか続かない、

辞められない。

それは無意識の反対勢力が大きいからです。

転じて、研修で学んだことを実践する、習慣化する際にも

全く同じことが言えます。

大切なことはこの人間の続けられない心理を研修設計の1つの

要件として想定して乗り越えられる施策を盛り込むことです。


Featured Posts
Recent Posts