上司と部下の教育ラインがフォローの要

昨日、行動変容型研修の半日セミナーを行なってきました。

事例として、以前このブログでも書きましたが、

育成が上手に進んでいる会社はOJTが機能しています。

それこそ、昔は研修はなく、OJTが育成の柱だった時代があります。

今でもOJTが機能する会社をつくるのが行動変容の柱だと考えます。

そこで、大切になってくるのが、

上司と部下の関係です。

同じ研修を上司と部下で共通理解として受講する。

そして、実行がすぐに翌日から回るようにする。

研修で「変わろう!」と決意したとしても、

翌日から社員は日常業務という竜巻のような日常に入ります。

そこで、上司と部下で行動を握っておく風土をつくっておく、

仕組みをつくっておくことが大切です。

研修でできることと、日常業務で活用してさらに磨きをかけていくこと。

人事にしかできないこと、上司にしかできないことがあります。

本人しかできないこともある。

要するに役割分担が明確に決まっているかどうか。

このOJTで日常業務でどのように活用するかのイメージから

研修を構築すると、自ずとフォローの仕組みが出来上がります。


Featured Posts
Recent Posts