まず人事部で高密度化する

習慣化コンサルティングの古川です。

今日は、『まず人事部で高密度化する』

をご紹介します。

高密度化のメソッドを実施する際に展開の仕方は

様々です。

1.高密度化が必要な残業の多い人を対象にする

2.上司部下、チームで参加する

3.やる気のある自発的なメンバーからスタートする

様々な展開の仕方がありますが、

人事部で高密度化を実施することを1つご提案します。

人事部内で高密度化を展開すると3つの効果があります。

1.説得力が高まる

往々にして研修は人事部は運営するだけ

となりがちです。

しかし、高密度化はどの部署も対象になるはずです。

人事部が実施していると、案内や社内展開の時に

説得力が違います。

自分たち自らが時間簿をつけて、改善し続けていると

体験と数字で語ることができます。

2.メソッドを自社用にカスタマイズできる

自社の職種に方法が合うかどうか、

自らが実践すれば確信がえられます。

また、どんな残業対策も100%はありません。

だからこそ、常に改善が必要です。

人事部が高密度化に取り組み続けていれば、

メソッドを自社用にカスタマイズできます。

3.人事部内で決裁が得られる

ご担当者様からすると、人事部長や

他のメンバーを納得させるのは1つ至難のワザ。

しかし、高密度化メソッドを人事部内で実施すれば

その必要がありません。

先着5社様向けに特別価格にて

人事部内高密度化実践コンサル(全3回、1ヶ月)を

ご提案しております。

詳しくは、弊社営業担当

nakahira@syuukanka.com

までご連絡ください。

最後までお読みいただきありがとうございます。


Featured Posts
Recent Posts