プランと振り返りの習慣

習慣化コンサルティングの古川です。 今日は、『プランと振り返りの習慣』 をご紹介します。 私たちの仕事の生産性を高める本質は、 PDCAを回すことが重要であることは言うまでもありません。 工場部門は、PDCAサイクルを猛烈に回しています。 一方、営業部門やシステム部門、総務部門など 非工場部門は個人裁量で仕事を回す必要があります。 しかし、毎日PDCA、毎週PDCAを回せている人は どれぐらいいるでしょうか? 工場部門が当たり前にやっていることは、 非工場部門の人たちにとって当たり前ではありません。 時間の使い方は個人の裁量に任されており、 働くスタイルは完全に習慣になっています。 慢性的な残業は確実に習慣です。 そこで改善のメスを入れるためには 本質であるPDCAなのです。 私のオススメは、朝5分のプラン、 夕方5分の振り返りです。 これを粗いレベルでいいので、習慣化するのです。 さらに4段階法で徐々に傾斜角度をつけていくのです。 第1段階:メールベタ打ちでテンプレート通り送る 第2段階:プラン、振り返りシートに入力して送る 第3段階:上記?重点項目3つの改善結果を書く 第4段階:プランと振り返りの精度を理想に高める 我々のコンサルティングでは、 毎日、メールで始業、業務終了後に送ってもらうようにしています。 最初の一週間、つまり第一段階を如何に軽く済ませて 行動をしてもらえるようにするかがポイントです。 さて、やり方に始終しましたが、 このプランと振り返りを5分ずつやると、 PDCAのサイクルが粗くても回り始めます。 精度は後で高めればいい。 その習慣を身につけることが重要です。


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square